ゼネコンとサブコンという建設会社の関係

main-img

建設会社にはゼネコンと呼ばれるものとサブコンと呼ばれるものがあります。サブコンはゼネコンの下請け工事を行なう建設会社のことです。

専門の工事業者といえます。


建設業界というのはゼネコンをトップとしたピラミッド型の構造になっています。

そのトップに君臨しているのがスーパゼネコンと呼ばれる5社です。
その下にいるのがそれ以外のゼネコンで、その下に位置するのがサブコンになります。


ゼネコンとサブコンの関係ですが、ゼネコンが全体をプロデュースし、そして工事に関してはサブコンに依頼するという図式になります。これまでゼネコンは下請け協力会なるものを組織していきました。

詳しく知りたい浜松でフレンチスタイルの輸入住宅の特徴につてをいくつか紹介しています。

これは信頼できる下請け業者を確保するための手段となってきました。
下請け会社としてのメリットとしては協力会に入会していることによって、継続的に仕事を受けることができることでした。しかし最近は元請ゼネコンとサブコンとの関係に大きな変化が生じてきました。それはゼネコンの経営不振のためです。


そのためにゼネコン側としてはできるだけ安い業者に発注したいと思うようになりました。協力会以外に安い業者がいればそちらの方に発注するようになりました。


その結果として下請けの協力会との関係は崩れてきました。
このことによって様々な弊害が生じています。下請けの間では競争が激しくなり、ダンピング受注が見られるようになってきました。
また一方的な値引きを元請けに迫られるということも行われています。建設会社を取り巻く環境は決して楽観視できるものではありません。


建設会社の選び方はまず建設実績を確認しましょう。その会社が作ってきた住宅が分かります。
ここで注目する所は、得意とする工法や専門性があるかという点です。
自分が望む工法を専門にしてる会社が良いです。専門性のある会社は、仕事がはやくて流れも良いです。費用に関しても比較的お得です。住宅の値段と価値のバランスが整っていることも選ぶ大事な基準です。


一般的に費用の計算は職人さんが計算します。


しかし職人さんが算出する金額に基準がない場合は、職人さん次第で値段が変わってくるので注意が必要です。適正価格は住宅の質と値段のバランスです。


お客様にアドバイスが出来る建設会社は良い会社です。様々なケースに対応したりお客様の不安のないようなプランを提供出来る業者は優秀な建設会社です。

リスクの説明を、分かりやすく事前にしてくれるかも重要です。細かいことを丁寧に説明してくれる業種を選びましょう。


アフターサービスも大事です。
工事終了後も顧客との繋がりを大事にしたりアフターサービス制度がしっかりと作られている会社は一生付き合える会社です。

オンリーワンの浜松でパリスタイルの輸入住宅に対する期待が寄せられています。

建設の保証期間は大事なので保証期間が長い会社を選びましょう。
期間の長さによってその会社の優秀さや技術力の高さが分かります。第三者機関が保証期間を決めるので期間が長ければ長いほど信頼できます。



大事な基準の一つです。建設会社とは一生の付き合いになるので技術力と誠実さがある会社を選びましょう。

関連リンク

subpage01

ゼネコンと呼ばれる建設会社

建設会社の中には、ゼネコンと呼ばれる建設会社があります。ニュースなどでもよくゼネコンという言葉が使われていますので、聞き覚えのある人も多いはずです。...

more
subpage02

家を建てる際の建設会社の選び方とは

マイホームの購入というのは、多くの人にとって人生で一番に高額な買い物となります。だからこそ、後悔しない様に慎重にマイホーム選びをする必要があるのです。...

more