建設会社が建設業許可を取得する際にかかる費用

main-img

建設会社が営業を行うにあたっては業務内容に応じた建設業許可の取得が必須ですが、許可を取得するには費用がかかります。


例えば、ある建設業従事者が独立して新しく建設会社を立ち上げる場合、都道府県知事に新規許可の申請をする場合は手数料として1件あたり9万円、国土交通大臣に申請する場合は登録免許税として1件あたり15万円の納付が必要となっています。
申請件数は、一般建設業許可と特定建設業許可のうち、どちらか一方を申請するのであれば1件、両方を同時に申請するのであれば2件とカウントします。

一方、既に建設業許可を得て設立した建設会社が、新しい業務を行うために既に取得済みのものとは異なる業種の建設業許可を申請する場合は、知事許可であっても大臣許可であっても手数料として5万円の納付が必要です。ただし、この許可業種の追加ができるのは、一般建設業許可業者であれば一般建設業の中から許可業種を追加する場合、特定建設業許可業者であれば特定建設業の中から許可業種を追加する場合に限られています。
一方の許可区分の業者がもう一方の許可区分に含まれている業種の許可を申請するのは、建設業許可申請においては新規許可申請として扱われるので注意が必要です。
また、申請手続きを行政書士に任せる場合は、行政書士に報酬を支払う必要があります。


この行政書士報酬は、新規許可申請の場合は10万円から20万円程度、業種の追加申請の場合は5万円程度が相場となっています。

庭付きの一戸建てというのは、今も変わらずマイホームの理想の形として挙げる人が多いものです。ですが実際にマイホームの購入を検討した際、マンションにすべきか、一戸建てにすべきかで悩む人は多かったりします。もっともマイホームの購入は長い人生において、一番に大きな買い物となる人がほとんどです。なので確かにマンションの販売価格の安さは魅力的ですが妥協せずに、庭付きの一戸建てを購入する事をおすすめします。


更に一戸建てを購入するなら、建売住宅ではなく、注文住宅を購入すべきです。

安心をコンセプトにした浜松で賃貸の経営の情報を幅広く扱っているサイトです。

というのも注文住宅ならば、設計の段階から家造りに参加出来るので、自分や家族の希望を盛り込んで、他にはない正に理想の我が家を実現する事が出来ます。

浜松でのリノベ賃貸に関する口コミ情報を募集しています。

建売住宅よりも、満足度の高い家を手に入れる事が可能です。

ただし注文住宅でそれを実現するには、信頼出来る建設会社に家造りを依頼する必要があります。

というのも残念な事に中には、いい加減な施工を行ったり、施工の技術力の低い業者も存在しているのです。

大崎の会議室の情報探しはこのサイトから初めてください。

なのでそういった建設会社に注文住宅を依頼すると、希望とは違う家が完成したり、欠陥だらけの家になってしまう恐れがあります。

だからこそ、夢のマイホームをきちんと手に入れるには、慎重に建設会社を選ぶ必要があるのです。


信頼出来る建設会社を選ぶ具体的な方法ですが、インターネットを用いた情報収集といったやり方が有効です。
というのもネット上には、建設会社のサイトが数多く存在しており、そこには過去の施工実績や施工例が掲載されていたりします。

なのでそういった情報をチェックして行き、出来るだけ家造りに関する豊富な実績のある会社を選ぶ様にするのです。

関連リンク

subpage01

建設会社が建設業許可を取得する際にかかる費用

建設会社が営業を行うにあたっては業務内容に応じた建設業許可の取得が必須ですが、許可を取得するには費用がかかります。例えば、ある建設業従事者が独立して新しく建設会社を立ち上げる場合、都道府県知事に新規許可の申請をする場合は手数料として1件あたり9万円、国土交通大臣に申請する場合は登録免許税として1件あたり15万円の納付が必要となっています。...

more
subpage02

ゼネコンとサブコンという建設会社の関係

建設会社にはゼネコンと呼ばれるものとサブコンと呼ばれるものがあります。サブコンはゼネコンの下請け工事を行なう建設会社のことです。...

more