建設会社に法令に基づいて課せられる義務とは

main-img

建設会社は建設業許可業者として、法令で規定されている義務を遵守した上で日々業務にあたらなければなりません。

法令で建設会社に課せられている義務はたくさんありますが、その中でも代表的なものとして挙げられるのは、行政庁への届出義務、標識の掲示義務、重要書類の保存義務、契約締結に関する義務、工事現場における施工体制に関する義務、下請業者への代金の支払いに関する義務の6つです。

建設会社は、商号や本店所在地などといった定款の記載事項を変更した場合や、経営業務管理責任者、専任技術者などを変更する場合や、事業年度が終了した場合、会社を解散して廃業する場合など、社内で何らかの変更を行う度に許可を受けた行政庁に対して届出を行う必要があります。


また、建設会社は工事現場ごとに建設業許可票を掲示しなければならないことが義務付けられているほか、帳簿は最低5年間、営業に関する書類は最低10年間は保存する義務があります。

そして、契約締結は必ず着工前に書面で行うことや、契約書には法令で定められた事項について必ず記載することも義務となっています。
工事の施工においても、全ての工事現場に主任技術者や監理技術者を設置しなければならない義務や、施工体制台帳の作成義務など、様々な義務があります。課せられた義務を怠ると、業務停止命令や営業停止といった処分が行われ、悪質な場合だと建設業許可が取り消されることもあります。


また、悪質な義務違反については、経営者や役員などに刑罰が科されることもあります。

浜松リノベーションの情報収集がもっと楽になります。

建設会社を作る場合は、法令遵守を心がけましょう。

建設会社は建物を実際に担当しますが、道路やトンネルといったインフラも請け負いますから、社会生活全般を支える存在として、人々の生活基盤を担う役割があります。
時折道路を修理していたり、ラインを再び引き直している状況に遭遇する事はありますが、この様な仕事を請負うのが建設会社ですし、技術を持つ人材は常に必要とされています。

住宅では実務に相当する建設会社で、設計は別の企業が担当しますから、建設業全般の分業が進み、専門的に作業をこなし全体を支えています。

現場で作業を任せられる存在ですから、現地の事は他の誰よりも良く知るのが建設会社ですし、その場にいなければ分からない要素は多数あるので、状況に合わせて要請や改善が伝えられる事も考えられます。
技術が欠かせない建設会社でも、ただ仕事を任された通りに進めるだけでは、品質を維持したり高めるのは困難ですから、立場で出来る事を考えたり、貢献する意欲や行動が必要になります。
また、信頼は同業同士ライバルでも欠かせないので、同じ案件を引き受けて取り組むのであれば、状況次第で協力関係を築ける柔軟性も重要です。

会議室の研修に関する情報を紹介するサイトです。

渡された計画に従い作業を進めるのは前提ですから、基本は方針に従うのが建設の決まりですが、手を抜かず実直にこなす姿勢は大切なので、真面目にコツコツ取り組める人が適した仕事です。



決して簡単な仕事ではありませんが、社会から認められる存在ですし、建物やインフラが必要である限りは、なくてはならない業種の企業です。

関連リンク

subpage01

ゼネコンと呼ばれる建設会社

建設会社の中には、ゼネコンと呼ばれる建設会社があります。ニュースなどでもよくゼネコンという言葉が使われていますので、聞き覚えのある人も多いはずです。...

more
subpage02

貸会議室を利用してセミナーも開催可能

会社の中に会議室があるのにも関わらず、貸会議室というビジネスに注目が集まっています。貸会議室は、1時間単位で借りる事が出来るレンタルの会議室であり、会社の中に会議室が在っても利用する企業が多いのです。...

more