家を建てる際の建設会社の選び方とは

main-img

マイホームの購入というのは、多くの人にとって人生で一番に高額な買い物となります。


だからこそ、後悔しない様に慎重にマイホーム選びをする必要があるのです。


そしてマイホームの購入を決意した人の多くが悩むのが、マンションにすべきか一戸建てにすべきかという点だったりします。

確かにマンションの販売価格の安さは利点ですが、やはり理想のマイホームと言えば、庭付き一戸建てを購入したいと考える人が多いです。


そしてどうせ一戸建てを購入するなら、とことん納得の行く家を建てるために、注文住宅の購入がおすすめです。

注文住宅ならば、設計の段階から家造りに参加する事が出来ます。

お陰で、自分の希望や家族の希望を取り入れて、正しく理想の我が家を手に入れる事が可能です。


ただしそういった形で理想の我が家を実現するには、信頼出来る建設会社を探し出す必要があります。というのもいい加減な建設会社に施工を頼んでしまうと、しっかりと希望を反映してくれなかったり、希望を反映したものの、欠陥住宅と化す恐れもあるのです。だからこそ注文住宅を購入する際は、慎重に建設会社探しを行う必要があるのです。

浜松で輸入住宅ガレージが有名になってきました。

そしてその方法として行いたいのが、インターネットを駆使した情報収集です。


ネット上には様々な建設会社のサイトが存在しており、過去の施工実績や手掛けた物件等をチェック出来ます。

なのでそういった実績をチェックし、出来るだけ経験豊富な会社を幾つか選び出す様にするのです。


その上で、それぞれの会社に見積もりを出して貰い、納得が行く価格を提示した建設会社を選ぶ様にすべきです。

お手軽さが魅力の浜松で輸入住宅赤毛のアンについて調べるなら、こちらをご覧ください。

ある建築物の建設工事において、複数の建設会社が施工に参加するのは珍しいことではありません。複数の建設会社が関わる工事では元請業者を頂点とする多層構造の施工体制がつくられますが、このとき元請業者には法律に基づいて施工管理台帳と呼ばれるものを作成する義務が課せられることがあります。
施工管理台帳とは、建設工事に関わる全ての建設会社の商号や営業所所在地、許可業種、社会保険の加入状況、担当する工事の内容とその担当者などを詳細に記載した台帳で、作成した台帳は発注者に完成した建築物が引き渡されるまでの間、工事現場に備え置く義務があります。
発注者から建設工事を請け負った建設会社は、工事の一部を一次下請業者に発注する際に、自社が請け負った建設工事が施工管理台帳の作成対象となっていることと、工事の一部を下請けに出す場合は元請業者に再下請負通知書の提出が必要となることを通知します。

そして、一次下請業者が二次下請業者に発注する場合は、一次下請業者は二次下請業者に対して、元請業者から受けた通知と同じ内容の通知を行って、元請業者にこの二次下請業者に関する再下請負通知書を提出します。
このように、上層の下請業者が下層の下請業者と請負契約を結ぶ度に、上層の下請業者は下層の下請業者に対する再下請負に関する通知と元請業者への再下請負通知書の提出を行わなければなりません。
また、元請業者は施工管理台帳の作成に関して、施工に関わっている全ての業者が目を通せるように、工事現場の見やすい場所に下請負人に対する通知事項を記載した書面を掲示する義務があります。

元請業者がこれらの義務を怠ると、刑罰や監督処分の対象となります。



関連リンク

subpage01

知り合いの働く建設会社で契約する場合

住宅を建設する時には、建設会社に依頼をして建ててもらうようになります。自分の暮らしている地域にもいくつかの建設会社があるはずですので、その中から選んでいく事になるでしょう。...

more
subpage02

ゼネコンと呼ばれる建設会社

建設会社の中には、ゼネコンと呼ばれる建設会社があります。ニュースなどでもよくゼネコンという言葉が使われていますので、聞き覚えのある人も多いはずです。...

more