知り合いの働く建設会社で契約する場合

main-img

住宅を建設する時には、建設会社に依頼をして建ててもらうようになります。
自分の暮らしている地域にもいくつかの建設会社があるはずですので、その中から選んでいく事になるでしょう。

住宅を建てるのであれば、どこの建設会社に依頼すべきかという事になりますが、よくあるのが知り合いが働いている建設会社に依頼をするという事です。


知り合いの働いているところであれば、ある程度の値引きもしてもらえることができるかもしれませんし、その知り合いの顔も立てることができるようになるでしょう。しかし住宅を建てる時には、知り合いがいるからという理由だけで選ぶべきではありません。

もしかすると、自分が望んでいるような建設をしてもらえないかもしれないからです。例えば、設計をしてもらった時に気に入らない部分があったとしても無理が言いにくくなてしまうという事があります。


あまり無理を言い過ぎると、知り合いの顔をつぶすことになってもいけないという風に思うと、無理を言いたくても言えなくなってしまう事でしょう。
そして、建設が終わって何か不具合などが起きた場合にでも、やはり言いづらいという点があります。
知り合いの顔を立てるつもりで契約をしたものの、無理をいう事が出来ずに自分が損をしてしまうような事になってはいけません。住宅は一生ものでもありますので、知り合いが働いている会社で選ぶのではなく自分の為になる建設会社を選ぶようにした方がいいでしょう。

建設会社を起ち上げる方法は二つあります。

鳥取環境大学近くのアパートの最新情報を見つけよう。

まずは、建設会社に入社をして、地道に技術を磨いていき、そこから起業するというものです。これは大工や解体工などの肉体労働系の仕事に多いパターンです。
そうした仕事に就く人は昔不良をしていたなどの理由で学歴があるわけではありません。しかし、成り上がるチャンスはあるのです。


そして、もう一つの建設会社を起ち上げる方法は、建築家になる事です。

建設会社に必要なのは、住宅などを建設する作業員の他に図面を製造する建築家の存在です。


下請けで仕事のみを取っていくという方法であるならば、作業員だけでもいいのですが、やはり建設会社として大金を稼ぎたいというのならば建築家の存在が必要です。自分の力で図面を書いて、そこから建築をするのですから、儲けはかなり安定したものになります。どちらにせよ、起業するという事は簡単ではありません。しかし、一旗揚げようと思うのならば、是非とも挑戦して欲しい道でもあります。

特に建築関係は、政権の事業政策にもよりますが、比較的安定した分野です。


特に日本は道路の長さが世界一といわれており、そこで需要があります。

浜松で賃貸の経営のお役立ちコンテンツ満載です。

そして、壊れやすい木造建築を取り扱っているという事で、それを再建するための住宅の需要もあります。

ただ、従業員を集めるのは大変かもしれません。


建築業界は何処も人手不足です。
何処でも人材を募集しています。

しかし、そこさえ乗り越えれば、大きなチャンスに乗る事ができます。



関連リンク

subpage01

建設会社が建設業許可を取得する際にかかる費用

建設会社が営業を行うにあたっては業務内容に応じた建設業許可の取得が必須ですが、許可を取得するには費用がかかります。例えば、ある建設業従事者が独立して新しく建設会社を立ち上げる場合、都道府県知事に新規許可の申請をする場合は手数料として1件あたり9万円、国土交通大臣に申請する場合は登録免許税として1件あたり15万円の納付が必要となっています。...

more
subpage02

建設会社の仕事の基準を理解する

建設会社の仕事の基準は、リフォームなどの一般的な改築作業とは全く異なっています。リフォームというのは、建設会社が率先して行わなくても一般人が作業を行うことができます。...

more